敏感肌で化粧乗りが悪いなら改善策を練ろう

スキンケアを見直す

レディ

正しいお手入れを心がける

肌質にも様々な種類がありますが、特に肌トラブルが起きやすいのが敏感肌です。敏感肌はもともと体質的に肌が弱いという人もいますが、ホルモンバランスの変化、生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアや化粧品選びが原因していることもあります。敏感肌になると外的な刺激を受けやすくなりますし、乾燥や肌の老化も進みやすくなりますので健康な肌に近づけるよう、改善の努力は行っていきたいところです。まず、現在使っている化粧品で赤みやかゆみが発生するという場合は、肌質に合っているとは言えませんので、より刺激の少ない安全性に優れた化粧品に変えてみましょう。そして化粧品を変えても、お手入れ方法が間違っていると改善は難しくなってしまいます。敏感肌は肌のバリア機能が低下していますので、肌をこするようなお手入れはさらに症状を悪化させてしまいます。クレンジングや洗顔の際も肌をゴシゴシこすったり、力を入れて洗うようなことは避け、汚れはできるだけ優しく落としていきましょう。汚れはしっかり落としておきたいですが、あまりに洗顔やクレンジングに時間をかけることは逆効果です。洗顔後は乾燥を防ぐために、化粧水やクリームで保湿ケアを行いますが、このときも肌への刺激が少なく、それでいて保湿効果の高いものを選んでいきたいところです。栄養不足も良くありませんので、バランスの良い食生活を心がけること、肌の再生を促進させるためにも良質な睡眠を取るなど食事や生活の改善も考えていきましょう。