敏感肌で化粧乗りが悪いなら改善策を練ろう

自分でしっかり選ぶために

婦人

他人の意見はほどほどに

敏感肌は化粧品選びに困ってしまいます。敏感肌用に販売されていたり、口コミで良い意見のものでも自分の肌には合わないことが多くどのようなものを選べば良いのかと迷います。敏感肌の状態は肌のバリア機能が低下している状況にあります。何らかの刺激を受けて乾燥肌になっているため、肌に合わない化粧品をつけるとピリピリとしたりすぐに赤くなるなどといった症状が出現します。敏感肌の化粧品選びで大切なことは、広告や口コミなどの意見に左右されないということです。天然成分から作られた化粧品は自然界のものなので肌にも良いというイメージがありますが、天然から取れるエキスの中でも刺激が強いものはとても多くあります。天然成分というだけで手当たり次第に利用するのではなく、使用前にパッチテストなどで自分の肌との相性を確認しておくことが大切です。使い心地を優先してさっぱりした化粧品を選ぶことがありますが、この時にはアルコールなどといった刺激成分が使われていないか確認します。アルコールはとても刺激を感じてしまう成分の一つです。毛穴を引き締めるために収れん剤として角間れている場合もあるため注意しておくことが大切です。また肌を乾燥しやすいという特徴もあり、敏感肌の人にとってはさらにバリア機能を低下させる原因になってしまいます。敏感肌の人は乾燥を防いでバリア機能を向上させるために保湿成分のある化粧品選びを行い、広告などに惑わされずに自分の肌に合う商品選びが重要です。